おでんを美味しく食べるためのお酒選び

おでんを美味しく食べるためのお酒選び

おでんは、日本を代表とする鍋料理です。
野菜や魚介を使った練り物など、地方の特色が現れやすいのがおでんの特徴といえます。
富山県や静岡県では、
地域で作られた得山を具材に用いてご当地グルメのように宣伝されているところもあるのです。
最近では、コンビニや居酒屋などで季節を問わずおでんを楽しむことが出来ます。
 
そんなおでんをさらに美味しくしてくれるものといえばお酒ですよね。
今回は、おでんを美味しく食べたい皆さんにおすすめしたいお酒の選び方をご紹介します。

 

 

おでん屋さんや居酒屋では、よく日本酒が出されます。
おでんのプロともいえる人たちの中でも、日本酒とおでんの相性は抜群だということです。
大根や牛筋のように出汁がたっぷりと浸み込んだ具材であれば、熟成した古酒を合わせてみましょう。
味付けの薄い具材だと古酒の味に負けてしまうことがあるのですが、大根や牛筋ならその心配はありません。
反対に、こんにゃくや練り物のように出汁が浸み込みにくい具材には、スッキリとした吟醸造りの日本酒をおすすめします。
最近では、ワインとともにおでんを楽しむ人が多く見受けられます。
赤ワインは牛筋や練り物、玉子など動物性の具材を食べるとき一緒に飲んでみましょう。
濃厚な味付けの料理に合う赤ワインですから、主張の強い動物性の具材とよく合います。
タコやツブ貝といった魚介系の具材とも相性が良いので試してみましょう。
一方白ワインは、あっさりした味のこんにゃくや白滝、野菜の具材の味を引き立ててくれます。
具材の特徴を見極めながら、お酒とともにおでんを美味しく楽しみましょう。