もつ煮込みとは

もつ煮込みとは

もつ煮は、牛、豚、鶏、馬などの獣の内臓を煮込んだ料理の総称です。
もつ煮込みと呼ばれる事もあり、煮込みと呼ぶ店もあります。
各地方によっても、呼び名や味付け、使用されるもつには違いが存在します。
お酒のおつまみとして、各地域のもつ煮込みを食べ比べるのも楽しいでしょう。

 

関東地方で食されるもつ煮は、下茹でした豚や牛の小腸と生姜を臭みが取れるまで茹でます。
それから、大根、人参、牛蒡などの根菜類と コンニャクや豆腐などを加え、
醤油か味噌で味付けして煮ていきます。
食べる際には、ネギのみじん切りを合わせる事が多いです。
しかし、材料や味付けも時期や地域によって違いがあります。
日本各地のもつ煮は、北海道の中部ではナンコウ鍋とも呼ばれています。
ナンコウ鍋は、基本的には馬肉使用します。
現在は、北海道各地の郷土料理として残っています。
中部地方のもつ煮は、豚の内臓をこんにゃくと八丁味噌で煮込んだものです。
土手煮と呼ばれており、味付けが濃く甘辛いのが特徴になります。
長野県の郷土料理では、馬の腸を使ったおたぐりが有名です。
山梨県には、鳥のもつ煮があります。関西地方では、
とくに小腸と大腸がテッチャンなどと呼ばれ、焼いて食べる習慣があります。
九州地方では、もつ鍋の方が定着しています。
沖縄では、豚の小腸・大腸・胃を丁寧に洗浄し長時間煮込み、
こんにゃくやシイタケを具にした吸い物が有名です。

また、豚肉だけでなくヤギ肉や内臓、血などをごった煮にした山羊汁や
牛の臓物を煮込んだ牛汁なども残っています。
各地方によって、現在もさまざまなもつ煮込みが伝えられています。
渋谷 チーズバル f