鍋料理のマナーについて

鍋料理のマナーについて

家庭で鍋料理を食べる時には、あまり気になりませんが、忘年会や新年会などの席で鍋料理を食べる時には、
マナーを知っておく必要があります。数人で鍋を囲むからこそ、他の人への配慮が重要だと言えます。
では鍋料理のマナーについて、いくつか紹介していきます。
 

 

まず鍋料理の食べ方ですが、火が通ったものからバランスよく食べるようにしましょう。
お肉ばかり食べて、野菜は食べないなどの好き嫌いをするのは、大人として恥ずかしいですよね。
ただし、すき焼きやしゃぶしゃぶなどの鍋料理は、お肉がメインとなる料理なので、お肉が固くなる前に、お肉から優先的に食べるのがマナーとなります。

 

各自自分で取り分ける方が、気を遣わなくていいのですが、席順の関係上鍋から距離が離れている人もいます。
その場合は、鍋の近くにいる人が、「嫌いなものはありませんか?」と声をかけてから取り分けましょう。
取り分ける順は、目上の相手を優先的に、野菜を下に肉や魚が上にくるように、見栄えよく盛り付けて下さい。

 

ちなみに席順は、上座と下座が存在するので、仕事関係者と鍋を囲む際には、席順にも注意を払いましょう。
鍋の正面が上座となり、鍋から遠く、入り口に近い席が下座となります。
下座の人が優先的に、飲物の追加注文や、最後の〆の注文をするようにして下さい。

 

取り分ける際には、必ず取り箸を使うのがマナーです。
自分の箸を使うのは、非衛生的です。
あと、お肉や魚、カニなどの鍋料理のメインは、分量を考えて食べるようにしましょう。
お肉は折り畳んでから口に運び、豆腐などは器の中で一口大にカットしてから、口に運びます。

関連ページ

寄せ鍋を美味しく食べるには
寄せ鍋を美味しく食べるには
おでんを美味しく食べるためのお酒選び
おでんを美味しく食べるためのお酒選び
オススメの鍋の〆方について
オススメの鍋の〆方について
変わり種の鍋料理
変わり種の鍋料理
コトコト美味しい煮込み料理
コトコト美味しい煮込み料理
おつまみにもなる鍋料理
おつまみにもなる鍋料理