もつ鍋に使われるもつの種類

もつ鍋に使われるもつの種類

もつ鍋にはニラやもやし、豆腐やニンニクなど色々な具材が入っています。
しかし何と言っても、もつ鍋の主役は「もつ」です。
ですが、一口にもつと言っても鶏や豚のもつもあるわけですが、
現在ではもつ鍋には牛のもつを使うのが定番となっています。
さらに、牛もつにも「小腸もつ」と「ミックスもつ」の2種類があり、それぞれに特徴が異なります。
一つ目の小腸もつは脂身の多さと柔らかい食感が特徴です。
二つ目のミックスもつはその名の通りいくつかのもつをミックスしたもので、
ハツ(心臓)やせんまい、レバー、ミノ、タンなどを使用するのが一般的です。
また、小腸もつに比べて脂身が少なく硬くて噛み応えがあるのが特徴です。
ですが、今でこそもつ鍋と言えば小腸もつ鍋かミックスもつ鍋かというイメージが定着していますが、少し前までは違っていました。
実は、1990年頃まではミックスもつを出すお店がほとんどで、
小腸もつを出すお店は非常に限られていたのです。
しかしその後しばらくが経つと、固くてゴムのような食感のあるミックスもつよりも脂が乗っていてジューシーな小腸もつが注目を浴びはじめ、
今ではミックスもつよりも小腸もつの方が人気になっています。
そして、小腸もつ鍋が定番となってからはもつ鍋自体の知名度も全国的に広がり、今ではもつ鍋の専門店だけでなく、
居酒屋や焼き鳥店、焼き肉店等でももつ鍋のメニューが置かれるようになりました。

また、現在では鍋料理の定番として各家庭においても楽しまれるようになっています。
個人的にはこちらのお店がおすすめです。https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13204541/