もつ鍋の歴史を知ろう

もつ鍋の歴史を知ろう

今や鍋料理の中で一番人気とも呼べるほどになったもつ鍋、皆さんは食べたことがありますか?
最近では鍋料理のお店だけでなく、
居酒屋などでも食べられるようになっていますので口にされた方も多いのではないでしょうか。
 
そんなもつ鍋ですが、美味しいということや安いということは知っていても
もつ鍋の歴史についてご存知の方はほとんど居ません。
そこで、今回はもつ鍋の歴史について紹介していきたいと思います。

 

まずもつ鍋の発祥についてですが、始まりは戦後間もなくの頃だと言われています。
この時期に福岡市内で食べられていたもつと
ニラを醤油のタレで炊いたものが現在のもつ鍋の発祥となっているのです。
ちなみに、この時期にはまだアルミの鍋で調理されていたそうです。
そして1953年頃には醤油味のスープでもつとニラを食べるもつ鍋の形が確立しました。
更にそれからしばらくたった後には、
もつ鍋を出していたお店の常連客が鍋の締めに食べるためにチャンポンの麺を持ち込み、
それから締めのチャンポンが徐々に広まっていきました。

 

しかし、その後は知名度を上げるでもなく下げるでもないという状態が続きました。
ところが、1992年に博多でもつ鍋を出していたお店が東京に進出し
テレビ等のメディアに取り上げられたことで、もつ鍋の知名度は全国的なものとなったのです。
そして現在のような誰もがもつ鍋を知っているという状況になり、
これまではあまり縁のなかった異業種・他業種がこぞってもつ鍋をメニューに加えるようになり、
さらには一般家庭においても人気の鍋料理として定着するまでになったのです。