肉じゃがとビール

肉じゃがとビール

肉じゃがは、和食の定番メニューの1つです。
肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんと、カレーライスとほぼ同じ食材を使用するので、家庭でも頻繁に作られています。

 

肉じゃがの歴史は、1870年にイギリスに留学していた東郷平八郎が、イギリスで食べたビーフシチューを日本で再現したものです。
当時の日本には、ビーフシチューの素となるドミグラスソースが存在しませんでした。
そのため、代用品として、醤油と砂糖で作ったのが肉じゃがの始まりだという説があります。

 

発祥の地は、京都府の舞鶴市だという説と、広島県の呉市だという説がありますが、どちらが発祥地なのか決め手がない状況です。
そして肉じゃがに入れるお肉は、豚肉なのか、牛肉なのかでも意見が分かれるところです。
これは、関西では牛肉を使用し、関東では豚肉を使用するため、育った環境によって好みが分かれると言えるでしょう。

 

そんな家庭料理である肉じゃがに合うお酒と言えば、やはりビールではないでしょうか?
じゃがいもとビールの相性はいいですよね。

 

また実はビールは、肉じゃがを調理する時の隠し味としても活躍します。
ビールで煮物系を作ると、コクと照りが出やすくなります。
そしてビールでお肉が柔らかくなるので、料理酒を使うよりも、ビールを使う事をおススメします。

 

ビールで隠し味をする事によって、ますます肉じゃがとビールの相性はよくなるという訳です。
料理が得意ではないという人も、とりあえず肉じゃがが作れると、得意料理は肉じゃがと言う事が出来ます。
最近は料理が出来る事は、女性に限らず男性でも好感度アップにつながりますから、今夜はカレーではなく、肉じゃがを作ってみませんか?

 

https://r.gnavi.co.jp/3fj4absn0000/