もつ鍋やもつ煮はおつまみにも最適

もつ鍋やもつ鍋店の探し方

もつ鍋は、ホルモン鍋とも呼ばれています。
もつ鍋は、牛や豚の内臓を主な材料とした鍋料理の事です。
福岡県の郷土料理として知られており、
福岡では第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものから始まったとされています。
その後、全国的に流行していきました。
もつ鍋は、リーズナブルなのにボリュームがある上、お酒にもよく合うので人気です。
また、1992年には新語・流行語大賞の銅賞を受賞するほどにブームになりました。
現在では、一般家庭でも定着しており、おとりよせなどでも人気が高まっています。
もつ鍋はお酒ともよく合いますし、栄養価も高い鍋として知られています。
その為、現在では日本全国で食べられる事が多い鍋料理のひとつとなりました。
しかし、もつのお肉の下処理は大変なので、専用のお肉を購入してもつ鍋をされる方が多いです。

 

最近のもつ鍋に多いのが、鰹や昆布などでダシを取り、醤油や味噌で味つけするものです。
また、鍋には下処理したもつと大量のニラやキャベツ、ニンニク、唐辛子が入っています。
これらを煮込んで食べた後で、麺を入れて食べるのも人気が高いです。
また各もつ鍋店によって、もつの種類や食べ方にこだわった店なども多くあります。
また、店でもつ鍋が提供される場合は、ステンレス鍋を使うことが多いです。

 

もつ鍋店を探すには、ホームページやグルメサイトなどを利用して探しましょう。
各ウエブサイトには、料理や店内の画像がのっている事が多いので参考になります。
また、事前にもつ鍋の使用部位や量、価格などをチェックするにも便利です。
 

もつ鍋は栄養も満点

もつ鍋は、その栄養価の高さからも人気が高い鍋です。
私は最近、もつ鍋にハマっていて新潟駅近くの居酒屋の個室を利用した時ももつ鍋を食べてました。
もつ鍋のモツは、必質アミノ酸やコラーゲンを多く含んでいます。
また、鍋の中に入れるニラには硫化アリル、キャベツにはビタミンUが豊富に含まれています。
さらに、もやしをいれると食繊維が多く摂れますし、
唐辛子のカプサイシンによって代謝が促され美容にも最適な食事です。
またもつ鍋が体に良い理由には、よく噛んで食べる事により顎が鍛えられる事も関係しています。
また、ゆっくり味わって噛むことにより、脳が刺激され血糖値の上昇を抑える効果もあります。

 

もつ鍋に含まれる食材は、日ごろとりにくい栄養素が豊富に含まれている事でも知られています。
また、低カロリーなのでダイエットや美容にも最適です。
もつには、ミネラルや必須アミノ酸が多く含まれています。
また、コラーゲンも多く含まれています。コラーゲンの体内での生成には、
アミノ酸、ビタミン、ミネラルが必要です。
もつにはそれらが含まれており、一緒に食べることでコラーゲンを吸収しやすくなります。
カロリーは、意外と少なく鍋にすれば大半の油分はスープになります。
さまざまな部位のホルモン摂取は、摂取できる栄養素も非常に多くなります。
例えば、ビタミンA・B1・B2・B6、鉄分、亜鉛、などです。
また、もつから摂取する栄養だけでなく具材となる野菜からも豊富な栄養が摂取できます。
鍋にすると野菜の体積が小さくなるので、食べやすさも増したくさんの野菜が摂取できます。
もつ鍋を食べる際には、不足しがちな栄養素を意識して材料を選ぶのも良いでしょう。

更新履歴